アデノイド顔貌その2

今回の情報は正しいので全面的に信じてもらって構わないです。

前の記事から今回の記事までの間に、3つの医院に行ってきました。

1つ目は東京の矯正歯科クリニック。2つ目は近所の矯正歯科。3つ目は慶應の形成外科。

 

この3つの医院で得られたことを元に今回は話して行こうと思います。

 

まず、東京の矯正歯科。ここでは抜歯矯正を勧められました。自分がもともと行っていた。歯科は名前に矯正とは言ってないので、非抜歯を勧められましたが、矯正が入っているのは、矯正専門の歯科クリニックだよ、と言われて初歩的な選択から間違っていたのだなとはんせいしました。また、僕は、歯茎から前に出ているので抜歯しても骨は下がらないのではと質問したら、抜歯したところの歯槽骨が痩せ細るからその分のスペースで前歯が全体的に下がるよと言われ、じゃあ最初から抜歯でよかったやんと思いました。

 

次は近所の矯正歯科、東京はこれから通うには遠いからという理由で相談に行きました。

内容は同じで歯科的な矯正は完了しているけれど、もっと下げるには抜歯が必要と言われました。

 

最後は慶應の形成外科。レントゲンやセファロ分析(横から見た時のライン)やらを見てもらい診断しました。

そこで形成外科として3つの選択肢を出されました。

1つは抜歯矯正。

2つは前から4番目の歯の場所から歯槽骨ごと骨切りする方法(セットバック)

f:id:shiwasuke1212:20190425140253j:image

3つ目は上下顎骨切り(ルフォー)鼻の下の顎から骨切る方法

f:id:shiwasuke1212:20190425140540j:image

この3つを勧められました。

 

先生に書かれた紙

f:id:shiwasuke1212:20190425140640j:image

抜歯は時間がかかるけど体の負担が少ない。

ルフォーは、体の負担は大きいが短時間で大きく効果が出るし、すでに歯科矯正ができているので矯正は必要ない。

セットバックはあまり勧められてなかったです。理由としては、骨切りするにしては、前の6本だけ動かすので、あまり後ろにさがらないし、終わった後も矯正しないといけないので、結局抜歯矯正と期間は変わらないだからだそうです。

 

「まとめ」

実は最初の矯正の時に抜歯矯正を勧められた医院にも行っていたのですけど。母親の知り合いから勧められたただの歯科医院にいってしまったんです。

結局めちゃくちゃ時間がかかってしまったのですが抜歯にしようと思います。

これを読んだ人には矯正が2回にならないように、いろんな場所、矯正医院に行って見てもらって下さい。

次書くときは、矯正の経過になると思います。